引っ越しのために一家でアパート見学

子供の背を伸ばすサプリメント

私の家族は、夫と息子、娘の4人家族です。
将来、夫の実家の隣に家を建てる予定があるのですが、2歳の息子が保育園に入園するまでに建てるのは、間に合いそうにありません。
今住んでいる所は、旦那の実家の隣町。
もしこちらの町で保育園に入園しても、いずれは転園あるいは転校させなければなりません。
自分が小学生の頃に、家を建てたのと同時に転校をして寂しい思いをした記憶があるので、できることなら息子にはそんな思いはさせたくない。
家を建てるという話が出た頃から、夫とずっとどうしたら良いか考えていました。
そんなある日。夫の実家のある村で、村営の安いアパートが空いているという情報を、ネットを見ていて手に入れました。
どうせいずれ家を建てるのだから、もう同じ村に住んでしまえば良いのではないか‼と夫婦で意見が一致したのです。
しかも家賃が、今住んでいる所より断然に安い。家を建てる為にお金を貯めたかったので、好都合な物件でした。

早速、役場に電話をしてアパートの見学を依頼しました。運の良いことに、夫の地元の友人が役場にいて、そのアパートの担当だったのです。
しかし、意外にも人気があるようで、すでに順番待ちの状態でした。
まぁ、息子が保育園に入るまでに引っ越せばいいか、位の気持ちでいたのですが…
丁度、3月の入れ替わりがある時期だったので、一か月も待たずに空きが出て順番が回ってきました。
早速、夫の友人に頼んでアパートの見学に行きました。2歳の息子は、何も置いていない広い部屋に大興奮。「ママ、おいでー!」とひたすら走り回っていました。私は、まだ首がすわらない娘を抱っこして、必死に息子を追いかけ回します。夫は友人にあれこれ聞いていましたが、殆ど耳に入りませんでした。しかし、息子が様々な所に隠れるので、クローゼットの中の広さや、お風呂場の様子などとても念入りに見ることができました。
普通ならこんなにジロジロ見れないだろうに、息子のおかげだ!と思いました。

数日後。部屋を決める前にもう一度見学に行きました。しかし、息子は丁度お昼寝してしまい、前回のように見て回ることは出来ませんでした。
子どもを連れてのアパート見学は大変だけど、いてくれるからこそ見える部分もあるのだなーと思いました。

子供の身長が気になる方は、サプリメントがおすすめです。

特に子供を伸ばすサプリメントがたくさんありますので、選び方にお迷いの方はリンクのサイトを参考にしてみて下さい。

家を建てるまでと建てた後

ハウスメーカー

私は5年前に、マイホームを建てました。

実家の隣の土地が空いていたので、土地は決まっていましたが、実際建てるときに、どこで建てたらいいのか漠然としていて、ただ予算もそんなには出せないと思っていたので、住宅展示場などにある大手のハウスメーカーにはなんとなく気がひけて入れませんでした。

そして、ある日のチラシであるハウスメーカーの限定2邸800万で建てれます。というチラシに惹かれ、東宝ホームにまず、足を運びました。

そして東宝ホームが建てた家を見て回ったら自分好みだったのでいいなと思いましたが、簡単に決めていいものか迷い、その他、2社見ることにしました。

ただ、決算間近だったようで、3社のメーカーの営業マンがどこも必死で、契約する前までに間取りを作ってくださり、自分の条件に合う間取りを作ってくれて、なおかつ予算も大丈夫なところを選ぼうと思いましたが、みなさん、一生懸命なので、2社断るときは本当に胃が痛くなり申し訳なかったです。そして、3社の中から東宝ホームを選びました。

5年たった今でも自分の家は気に入っていますが、今思うと、もう少し、高いのは承知でも前もっていろんな住宅メーカーを見ておけばよかったなと思います。

それは、最近友達が家を建てたいから、住宅展示場についてきてというので、付き添いだと、気楽に色々みれて、いろんな住宅メーカーの家を見れる機会があったのですが、メーカーによって、床や、壁、建具、提携しているキッチンやトイレ、洗面所のメーカーが色々違ったり、収納の工夫が優れているとこや、窓の機能性とか、本当に違って、関心するところが多くて、そういうことをすべて考えた上で予算も考えるべきだったかなと思います。

うちの場合は、設計士さんもインテリアコーディネータさんもついてくれて、色々相談にのってもらったし、家づくりは楽しかったです。

5年たつと、壁紙がはがれてきたり、巾木に亀裂が入ったりしている我が家なので、よその大手の家で建てたお宅に行ったときに気になってみてみると、大手は細かいところ、壁紙がはがれにくいように保護されていたり、巾木がはがれにくいようにコーティングされていたりして、なるほどと思ったのでした。